ショッピングリボ払いはおまとめローンできるの?

「君たちやっぱり・・」のCMでお馴染みのプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンという商品名のキャッシングサービスがあります。こちらはショッピングリボ払いはおまとめローンできると人気です。

消費者金融カードローンですが、大きな違いは年収の1/3を超える貸し付けも認められていることや新規の借入れができない返済専用のカードローンであることです。

6.3から17.8%と高めの金利設定になっていますが最短即日融資、無担保ローンという消費者金融のメリットは健在です。

銀行のおまとめローンよりも最大限度額が低めではありますがパ―トやアルバイトでも20歳から65歳以下の人で安定した収入があれば申し込むことができます。

おまとめ対象の借入先に返済してくれるだけでなく代行手数料や振込手数料、更には繰り上げ返済手数料も無料になるメリットがあります。

アコムやプロミスなどでのリボ払いのおまとめローンに申し込んだ結果審査に落ちた場合その原因を明らかにしなければ、次のおまとめローン審査を受けても落ちる可能性があります。

審査項目には年収をはじめ、勤務先や勤続年数、借入件数などがあり、これらの条件が問題が無ければ審査をクリアすることができます。

年収は多い方が有利ですが、肝心なことは借入総額とのバランスで借入希望額が年収の基準に収まっていれば返済可能と判断してもらえることが多いようです。

勤務先は公務員が評価が高く、勤続年数については長いほど評価が高くなり個人事業主やフリーター、入社1年未満だと厳しい評価になってしまいます。

個人信用情報というのは借入や返済状況を審査される項目で過去に自己破産をしていたり、返済の遅延、あるいは滞納があった人は、審査を通るのは難しいかもしれません。

おまとめローンを利用することで毎月何回もあった引き落とし日が1日になるので残高管理が楽になります。

おまとめローンも一般のカードローンと同様に与信審査がありますが通常のカードローンよりも最低金利が高く、限度額が低いことが多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を実例で比較しますと銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は3.0%から17.5%(アイフルおまとめMAX)となっています。

アイフルでのリボ払いでのおまとめローンをどちらの金融業者から借り入れるにしても月々の返済額を抑えるということは返済期間が長くなるという事です。

返済期間が長くなるということは発生する金利も多くなるので最終的には返済総額は大きくなる結果となります。

おまとめローンという商品は埼玉りそな銀行にはありませんがおまとめに使える「フリーローン【りそなプライベートローンJ】」があります。

貸付利率は6.5%から14.0%と消費者金融よりも低く設定されていて銀行カードローンにもかかわらず、最短で翌日融資可能というスピード感も魅力です。

銀行の融資なら総量規制は適用されませんし最低年収などのハードルもありませんから、アルバイトでも申し込むことが可能です。

申込条件には、日本に住んでいる人で安定継続した収入があり、満20歳以上から完済時年齢が満71歳未満という規定がありますが残念ながら、学生の申し込みはできません。

りそな銀行のフリーローンにはワンランク上の「りそなプレミアムフリーローン」もありますが前年の源泉徴収票などの収入を証明する書類が必要になります。

住宅ローンを借りる際にカードローンを利用していると審査に不利に働くという話を聞きますが返済負担率に問題が無いようであれば、不利になるとは限らないという話もあります。

ただ、お金に困っているからカードローンを利用しているということには変わりありませんのでなるべくなら、カードローンは住宅ローン審査までに解約しておいた方が良いでしょう。

ちなみに、多重債務者の方はアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを利用し、借入先を1本化することが先です。

又、おまとめローンを利用している金融機関で住宅ローンの融資は難しいだろうと考える人もいると思いますがすでに取引がある金融機関で滞納することなくきちんと返済していればそれはプラス評価になります。

更に住宅ローンの利用者には優遇金利が適用になったりもしますのでおまとめローンと同じ金融機関で住宅ローン審査を受けてみるのもアリだと思います。

おまとめローンとは複数で借り入れたものを1つにまとめることができるローンで複数社に返済することで毎月バラバラだった返済日を1日にまとめたり、月々の返済額を見直すことができます。ショッピングリボ払いでもおまとめローンokです。

月々の返済額が減れば経済的な負担が軽くなるというメリットがありますがアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを組んでも元本は変わりませんから返済期間が長くなる事になります。

返済期間が長期化すれば、長くなった分だけ金利は発生しますから返済する総額はアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを組む前より増えることになります。

一方で、借入限度枠が大きい人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額の承認がもらえさえすれば、現在抱えている借金の金利よりもずっと低金利で借り入れられることになります。

そのため、おまとめローンでどれくらい金利を抑えられるのかということをきちんとシミュレーションしておけば返済総額を増やさずに、しかも毎月の返済を楽にすることも可能なのです。

おまとめローンというものは頻繁に利用するローンというわけではありませんから利用を考えている大半の人が、知らないことだらけだと思います。

手続きに必要な書類や、返済方法などといった疑問はおまとめローンを提供している金融機関の「よくある質問コーナー」に回答があります。

借金がいくらになったら、おまとめローンを考えたほうがよいかといった一般的な質問については「おまとめローン よくある質問」と検索してみることをおすすめします。

情報サイトなら消費者金融と銀行のおまとめローンのメリット・デメリットも記載されていますし金利やサービスの比較もされているので、手間を省くことができます。

審査に通るポイントなど、初めてアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを組むという人には有益な情報が多いのでおまとめローンの利用を考えている人は、必ず目を通すことをおすすめします。

複数の金融業者から借り入れがあると引き落とし日や金額を管理するだけでも一苦労ですね。

借入件数が多い人は与信限度額が低いために借入件数が増えたのだと思います。

借入限度額が高い人ほど金利が低くなりますから金融機関は1社にまとめたほうが有利になります。

反面、多重債務者は多くの金融機関で敬遠されがちですので全ての借入れを返済できる金額を融資してもらうにはハードルが高すぎます。

しかし、おまとめローンは多重債務者の負担を軽減するための商品なのでなるべく早く申し込むことをおすすめします。

銀行で、おまとめローンというサービスを提供しているところは少なく借り換えローンやフリーローンと呼ばれる名前の商品のほうが多いと思います。

銀行は総量規制という上限が設けられていませんので与信枠の範囲内なら追加融資が可能となっているローンが多いのですが消費者金融は総量規制の特例貸付が適用されているので、返済専用のローンとなっています。

銀行のフリーローンは事業用資金以外は使途に制限はかかりませんが消費者金融のおまとめローンの場合、貸金業の返済にしか利用することはできません。

銀行のおまとめローンは、低金利で高額融資が特徴的ですが一方の消費者金融の場合、最大金利が18.0%、最大融資額は300万円となり銀行よりも条件は悪いです。

ですが、消費者金融のおまとめローンならば比較的審査に通りやすいですし審査結果や融資までの時間が銀行よりも圧倒的に早いというメリットもあるのです。

ショッピングリボ払いのおまとめローンなら利子を減らすことができるのが利点というのですが、これは、限度額の少ないカードローンを複数社利用していることが原因です。

しかし、ショッピングリボ払いのおまとめローンを組むことで本当に利息が減るのかどうかは申し込む前にきちんと金利の計算をして確認しておく必要があります。

アイフルでのリボ払いでのおまとめローンを提供している金融機関ではホームページに返済シミュレーションができるようになっています。

現在、利用しているローン会社の金利や借入額を入力するだけでおまとめローン後の毎月の返済額や返済増額が瞬時に表示されますから簡単に比較することができます。

消費者金融と比べて銀行のおまとめローンの方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行のアイフルでのリボ払いでのおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションで正確な金利計算をすることが大切です。

おまとめローン審査が難関な人はゼッタイに通らないとあきらめていてはいけません。

通常、ローン審査には「属性審査」と「個人信用情報」の2つの審査があり特に目立った問題点が無ければ審査通過に期待が持てます。

年収が低くても他社からの借入総額が低ければ問題がありませんが借入総額が年収の1/3をオーバーしている場合は審査落ちは確実です。

属性審査は安定度や確実性の判断材料となり派遣社員よりは正社員の方が信頼度が高いので審査に有利になります。

金融業界では多重債務者は好まれませんので自己破産歴がある人は10年以上経過していても要注意です。

おまとめローンの手続きを順序良くに進めるために必要になる書類と手続きの仕方についてご紹介します。

必ず必要となる書類としては本人確認書類があり通常は運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類を使用します。

現在の借入残高を証明する書類の有無は借り入れる金融機関によって異なりますが消費者金融の場合は総量規制の例外貸付を適用する事になりますから必要となります。

収入証明書は融資をうける金融機関によって異なるのですが消費者金融で50万円以上、銀行で100万円以上融資を希望する場合で必要になることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票などが該当し、特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討している方は、早めに準備をしておきましょう。

おまとめローンとは複数社から借り入れている借金を1本化することによって毎月支払う返済額や利息の負担を下げるという利点があります。

でも、返済金額を抑えることができたとしても間違った返済方法を選択してしまうと、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組んでも元本は減らないので毎月の返済額を下げた分だけ返済期間は長くなります。

返済期間が長くなればなるほど支払う利子も増えてしまいますので返済総額は、アイフルでのリボ払いでのおまとめローンを組む前より増えてしまうことは避けられません。

又、消費者金融のおまとめローンというものは返済型という対応になりますので追加融資をしてもらえないのですが銀行のおまとめローンというのはフリーローンとなっていることが多いので追加融資が可能というメリットがある傍ら、借入額が増えるリスクも含んでいます。

おまとめローンとは複数の金融業者から借り入れをしている人が新たな金融機関から借入れをして、既存のローンをすべて完済するためのローンです。

複数の金融業者から借り入れをしているとバラバラな返済日なので残高の管理が困難です。

金利面でも低い与信枠のほうが利率が高くて不利なので何件もの借入れをまとめた方が利息を抑えられるかもしれません。

反面、アイフルでのリボ払いでのおまとめローンを希望する人は多重債務者ですから審査基準が厳しいなど、困難なことが多くなります。

おまとめローンという商品を提供している金融業者もありますのでそのような業者を積極的に狙った方が良いでしょう。

三菱UFJフィナンシャルグループのアコムにはおまとめローンとして使える借換え専用ローンと言う、ややこしい名前のローンがあります。

通常、消費者金融の融資は総量規制の対象となりますが借り換えローンの場合は例外貸付という特別措置が適用されます。

一方的に利用者が有利になることが前提である例外貸付とは借り換えを含めた総額で年収の1/3を超えてもローンが認められるというものです。

アコムのカードローンに比べて借換え専用ローンは300万円と低めの限度額ですが実質年利は7.7%~18.0%と高めの設定になっています。

借換え専用ローンで借りたお金は何に使っても良いというわけではなくクレジットカードのショッピング枠の返済に使う事はできません。ショッピングリボ払いでもおまとめローンすることはできます。

参考:リボ払いはおまとめローンできる?危険なの?【おまとめ支払い】