小児科の看護師は大変?看護師資格をいかして転職を考えるなら?

小さい子どもを持つ保護者にとって子供の病気は気になりますよね。
それで休日や夜間などにいきなり子どもが病気になることだってあります。
この場合、どう対処したら良いかわからなくなりますよね。
その判断に迷った時などに相談することが出来る所があります。
(笑顔)それは「小児救急電話相談」になります。
そうすると、各都道府県の相談窓口へと自動転送されますよ。
(笑顔)小児科医、看護師に相談をすることが出来ます。
核家族化が進んでいる現在では、家庭、地域における子育て機能の低下があります。
また女性の社会進出により休日とか夜間に小児科を受診したりすることがあります。
(汗)。
こうした環境の中で、子どもを持つ親が安心して子育てをすることが出来るように環境作りを行います。
そして、子育て支援の為に小児科が診療を行っていない夜間、休日に、子どもの病気について電話相談に応じるようにしています。
(笑顔)<電話相談について>応急処置について助言を受けたりします。
また、対応可能な最寄りの医療機関を紹介してくれます。
(笑顔)※相談は無料となっています。
※通話料のみです。
利用者が負担することになります。
※相談時間については、各都道府県により違います。
また「#8000」の利用については、プッシュ回線の電話、または携帯電話から行います。
※(注意):ダイヤル回線の電話、IP電話からは別の電話番号となっています。
そんなことで事前に厚生労働省のホームページで確認してください。
※直接、都道府県の相談窓口へ連絡することになります。
携帯電話のアドレス帳などに電話番号を登録しておくことですね。
それが良いと思います。
(笑顔)
看護師転職時の履歴書の書き方は?経歴全て記載必要?【好印象な書き方】