FX取引ではどの通貨の組み合わせを選択するかが大事なのです

FXの場合はどの通貨の組み合わせを選ぶかが重要なポイントになりますが、初心者にとっては、全く理解できないでしょう。
理解にはある程度の時間が必要になるため、無知の状態で取引を始めてしまうと失敗することが多いです。
それに対して、日経225は投資の対象が日経平均株価であることから、個別の銘柄を選定する必要がなく、投資が行いやすいといえます。
外国為替証拠金取引は、事前に振り込んだ証拠金の数十倍の金額で取引が行えるレバレッジと呼ばれているメカニズムがあります。
レバレッジを効かせれば大きな収益を得られますが、逆に、失敗した際は多額の損失が出ることがあり、この点が短所だと言えます。
損失が証拠金を超過した場合、さらに不足した金額の支払いが要求されます。
外国為替証拠金取引でスイングトレードと呼ばれているものは2日から10日間くらいの期間でポジションを維持するスタイルのことです。
より短い期間で取引を行うスキャルピングやデイトレードの場合にはポジションを持ち越さないことが一般的なので、スワップポイントから利益を得ることを目的としませんが、スイングトレードを行っている場合には、ポジションを何日間か保有するため、貰えます。