カードローン審査甘いと言う口コミは本当?すぐに借りれる?【おすすめ金融機関】

お金を貸し付けてくれる金融機関はいろいろありますが大きく分けると銀行とノンバンクに分類されます。

ノンバンクとはいわゆる銀行以外の融資機関の総称でクレジットカード会社や審査の甘いカードローンなどがあります。

クレジットカード会社や信販会社は商品代金の立て替え業務がメインで利用限度枠内に限りキャッシングサービスの提供も行われています。

一方、カードローンは貸金業務専門の金融機関ですから限度枠内ならば何度でも借り入れと返済が可能なことが特徴です。

審査の甘いカードローンと銀行の違いは業務内容が異なるという点です。

銀行は金融以外に為替や証券取引など幅広くサービスを提供しています。

審査の甘いカードローンのキャッシングと銀行のカードローンには違いがあります。

それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

審査の甘いカードローンのキャッシングのメリットは審査時間が早いことや、審査に通りやすいなどがありますが銀行カードローンと比較した場合金利が高いことや、借入限度額が低いというデメリットもあります。

銀行は銀行法、審査の甘いカードローンは貸金業法と法律が異なっており貸金業法には総量規制という制限がかけられています。

これは、借り過ぎに歯止めをかけるために制定された規制で借り手の年収の1/3を超えてはいけないというものです。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのように有担保ローンは除外されキャッシングやカードローンのような無担保ローンのみに適用される規制です。

カードローンには貸金業と言う法律があり銀行を規制している銀行法とは違う法律の適用を受けています。

貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には融資金額の制限がある総量規制があることです。

総量規制というのは、個人の年収の1/3を超えて融資はできないというものでこの規制によって、利用者の借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

そのため、専業主婦などは審査の甘いカードローンに借り入れを申し込んでも仮審査の段階で却下されてしまいます。

一方、銀行は銀行法によって規制されていますから総量規制はなく、専業主婦でも借りることができます。

現在のカードローンには怖いイメージはないと思いますが、一昔前まではサラ金や街金と呼ばれ裏稼業という感じの怖い業種でした。

当時はバブル絶頂で金銭感覚が狂ってした人たちが多く簡単にお金を貸してくれるサラ金で借金を繰り返すという人が続出しました。

借りたお金は当然利息をつけて返済しなければいけないのですが簡単に借金する人ほど借金を軽く考えているので返済能力は到底あるとは思えません。

当然、貸した側のサラ金や街金は返済してもらわないことには損益となりますから一昔前のドラマでみるようなかなり暴力的な手段での取り立てが実際に行われていました。

今は法律が整備されたことにより乱暴な取り立ては禁止されていますので以前のように怖い人が自宅まで押しかけてきて借金を取り立てるようなことはありません。

カードローンのメリットはなんといっても銀行に比べてお金を借りやすくほんの数年前までは、簡単な手続きで融資を受けることが可能でした。

当時は、現在のようにきちんとした法整備が確立されていなかったため、規定よりも高い金利で借り入れてしまったという人が続出しました。

これが、最近テレビなどでよく耳にする過払い金というもので多く支払わされた金利を意味します。

多く払い過ぎた金利分は返還してもらう権利がありますが、過払い金を戻してもらうには期限が設けられているので注意が必要です。

完済日から10年経過すると時効となり請求権を失効してしまいますので心当たりがある方はまずは法律相談事務所に相談することが大切です。

審査の甘いカードローンというのは簡単に貸してくれるけど返済が遅れると怖い人がやってくるというイメージを持つ人は多いと思います。

昔は、法律無視の強引な取り立ても多く社会問題にもなっていましたが法律が改善されたことによってそのような悪質な取り立てが行われることはありません。

金利は銀行カードローンと比較すると高い場合が多いのですが提携ATMの数は銀行よりも審査の甘いカードローンのほうが多いです。

そのため、借入れや返済もコンビニ等で簡単に手続きができますしATM手数料が無料の場合が多いので銀行カードローンよりも便利と言えます。

カードローンにはレディースローンと呼ばれるものもあり、女性でも安心して申し込めると人気です。

カードローンのキャッシングのメリットはなんといっても簡単に借り入れることができ好きな時に返済できるので手軽に利用することができることですよね。

カードローンは使い方によっては非常に便利なものなのですが住宅ローンなどの借り入れ額が大きいローンを組めなくなる可能性があります。

住宅ローンというものは数千万円を長期に渡って返済していくローンになりますので借り入れを希望する人はまずは金銭的に安定していることが求められます。

ですから、カードローンを利用中の人は慢性的な金欠状態と判断され事前審査すら通過しない可能性が大きいです。

完済していてもローンカードを持っているだけで審査に不利になりますから住宅ローンを組むことになった場合、カードローンは解約しておいたほうが無難です。

金融機関で高評価を得る要素は金利が安くて、スピード審査、手続きが簡単などといった理由があります。

参考:カードローン審査甘い?すぐに借りれる?【おすすめ金融解説】

しかし、カードローンの場合、総量規制が影響しているのでサービス内容で個性が出しにくく限度額も借り手によって異なるので、評価の要因にはなり得ません。

人気ランキング上位を見てみるとどのカードローンも審査時間最短30分、融資時間最短60分、最大金利18.0%程度なので大差はありません。

条件云々よりも、スムーズに手続きが完了するかどうかや提携ATMが多いことなどが人気の理由のようです。

そのほかには、CMで起用されるタレントさんやCMから伝わってくるイメージも評価に大きな影響を与えていると言えるでしょう。

カードローンとは審査によって貸出限度枠が設定されその範囲の中で何度でも借り入れや返済を行うことができるキャッシングローンです。

各社ごとに決まった日時に残高に対しての利息が計算されて月の返済日に引き落としをされる約定返済というのが基本的な返済方法です。

引き落される金額は借入した残高によってランク分けされていてその金額内で利子を差し引いた後の金額が元本の返済に充てられるということです。

そのため、利息の計算日までにできるだけ元本を少なくしておくことが利息を安くする有効な方法となります。

返済手段には約定返済以外に繰り上げ返済と言う方法があり多くの収入があったときなどにまとめて返済することで効率良く元本を減らすことができます。

住宅ローンなどの高額なローンには保証人や担保が必要となりますがカードローンは担保や保証人不要の無担保ローンです。

住宅ローンは借り入れ額が多く返済も長期に渡るため返済期間中に返済不能と言った事態を招かないよう入念に審査する必要があります。

カードローンやクレジットカードなどのローンというものは住宅ローンほど大きな金額にはなりませんし、返済期間も短期です。

ですから、個人の信用情報だけで融資を受けることができますし保証人や担保も用意しなくても良いのです。

何より、保証人を立ててしまうと審査に時間を要するためカードローンのメリットであるスピード感が喪失していまいます。

比較的簡単に借入ができるとされているカードローンですがその審査能力は目を見張るものがあります。

審査のハードルが審査の甘いカードローンより高いとされる銀行カードローンですが、審査しているのは審査の甘いカードローン業者であることは、あまり知られていないですよね。

貸金業法改正により大口融資が不可となったカードローン業者の大多数は銀行グループの関連企業の傘下に入る道を選びました。

一般的なイメージでは銀行の方が賢そうと思うかもしれませんが審査に関しては圧倒的にカードローンの方が数段上手(うわて)です。

銀行は預金などの業務の一環として金融も行っているだけなので融資を本業としているカードローンの方が、与信審査の専門性が高いのは当然ともいえます。

カードローンのキャッシング審査は相対的に通りやすいとされているので審査に落ちる人には、それなりの理由があると思います。

過去に自己破産を経験した人や延滞した事がある人はブラックリストと言って、金融業界では要注意人物としてマークされます。

また、審査の甘いカードローンには総量規制というものがあり年収の1/3を超える借入はできないという規則に引っかかってしまっている可能性もあります。

要は、年収300万円の場合、100万円が限度額ということになりますが、その人がすでに他社より50万円の借入がある場合、新規カードローンでは50万円が限度額になるということです。

又、複数の金融業者から融資を受けている人は多重債務者といい、どの審査の甘いカードローンでも融資を受けることは難しいでしょう。

カードローンと言うとサラ金や街金が連想され悪しき者というイメージを持つ人が多いのが現状です。

バブル崩壊期は法律を無視した暴力的な取り立てや時間などお構いなしに自宅へ押しかけ恫喝をしたり乱暴な取り立て行為が横行していました。

近年、ようやく法律が改正され銀行傘下に入る企業が増えたことによりブラック企業の面影はなくなっていると言えるでしょう。

最近では、テレビ・ラジオCMに人気タレントを起用したり借金を意識させない内容でイメージアップを計っています。

しかし、内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまっているため何のコマーシャルなのか全く分からないという不満の声もあがっています。

お金を融資してもらう方法としてカードローンがありますが銀行の提供によるものと、審査の甘いカードローンの提供よるものとで2種類があります。

銀行カードローンといえば金利が低く、貸出限度額が大きいのが特徴的ですがその分、審査が厳しくなっているので、属性が高い人におすすめのカードローンです。

カードローンのキャッシングの場合、利息が高めとなっているほか、最大貸出限度額も低く、借りる人の収入や借入れ状況によっても限度額に差がでます。

そのため、審査の甘いカードローンの方が銀行よりも不利と言えますが、カードローンのキャッシングの方が比較的審査に通りやすいので属性に自信が無い方にもおすすめです。

カードローンのキャッシングなら審査結果の通知も早いですし、即日融資も可能なので急な出費で急いで借りたいという人にはおすすめです。

ローンを組むことができる金融機関には銀行の他に、クレジットカードでのキャッシングなどがありますね。

近年は銀行でもカードローンを取り扱うようになったので短時間で融資を受けられるようになりました。

金融機関はお金を融資し、その利子でもって利益を獲得しています。

審査の甘いカードローンの金利と銀行金利を比較してみると通常は銀行の金利の方が低く、カードローンの金利の方が高いと言われています。

とはいえ、中には金利が高い銀行カードローンもありますので必ずしもカードローンのほうが金利が高いとは言い切れません。